インスタグラムを利用している際、保存したい写真や動画をスクショすると相手にバレる場合があります。
普通の投稿やダイレクトメッセージの写真や動画であればスクショをしても問題ありませんが、ダイレクトメッセージで送られる消える写真と動画の2種類は要注意です。
この2種類の消える形で送られた場合は、スクショした事実が相手に通知されます。

例えば、相手がフィード画面を見ているとしましょう。
この時、誰が何をスクショしたのかが通知されるので相手に自分の操作がわかってしまいます。
ダイレクト画面でも受信者別に反応の様子が表示されていますが、スクショをした場合は反応として通知される形です。
たとえ相手がインスタグラムを起動していなくても、プッシュ通知の形でバレる事になるでしょう。
どのような方法でスクショを取る場合も、消える写真と動画は必ず相手に通知されます。

インスタグラムに投稿される写真と画像は、基本的に不特定多数の人物に公開する形です。
ダイレクトメッセージであれば特定の人にのみ見せる形になります。
ここまでなら写真や動画をスクショして保存しても、相手にとってはさほど抵抗は無いでしょう。
しかし、ダイレクトメッセージで消える写真や動画を送る場合は、相手にとってはその場限りで忘れて欲しい意図が含まれています。
この為、消える写真や動画はバレるというより、相手に警告が行くのに近い意味があります。

インターネットを通じて得られるコンテンツは、基本的に誰であれ自由に保存できる仕組みになっているのが特徴です。
しかし、マナーとしてはまず公開している方に保存の許可をもらう事が大切です。
インスタグラムも例外ではなく、予め断った上でスクショを取らせてもらう等の配慮した方がトラブルを未然に防ぐ事ができます。
特にスクショで相手に通知が行く場合は、ちゃんと保存したい理由を話した上で保存させてもらいましょう。

一方、スクショの事実が相手に通知されると勘違いされがちなのが、友人とシェアできるというメッセージが報じされた場合です。
これはインスタグラムからおすすめの機能を紹介されたり、スクショした写真を共有できる状態になったと教えてくれるメッセージです。
メッセージが表示されたからといって相手に通知が行く訳ではないので安心しましょう。

インスタグラムの機能は便利な物が多くありますが、時にはスクショが相手に通知されるといった思わぬ仕様の機能があります。
他の利用者とは友好的な関係を保てるように、マナーを守って適切な利用をできるようにしましょう。